ニキビに使用する薬は、色々なのです。 勿論

年齢肌が気になっちゃう!
■HOME >> ニキビに使用する薬は、色々なのです。 勿論

ニキビに使用する薬は、色々なのです。 勿論

ニキビに使用する薬は、色々なのです。

勿論、ニキビ専用の薬の方が効果は強いです。だけど、軽度のニキビなら、オロナインを使っても問題ありません。ちゃんと、効能・効果の所にぶつぶつややけど、ひび等といっしょに、書かれています。歳を取るといっしょに、肌に対する不満が多くなってきたので、基礎化粧品をエイジングケア専用のものに変えてみたり、クリームや美容液(あまり頻繁に使いすぎると、かえって肌のためにはよくないという説もあります)も一緒に用いるようになりました。ですが、とある美容部員の方のお話では、もっとも大切なのはクレンジングだという話でした。

現在使っているものが終わったら、すぐにでも捜さなくてはと考えております。シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多い、という人も確かにいます。

どうしてシワができるのかというと、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。



肌が水分不足になってしまうと、乾燥状態になり、シワはこうやって増えていくわけです。シワが目たつ部分である目尻、この部分は皮脂の分泌が少なくなっていて他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、それで、この部分にいち早く小ジワが出現するという所以です。
それから、加齢に伴ってコラーゲン(人体のタンパク質の約30%を占めているといわれていますが、単一のものではなく30種類以上あることがわかっています)やヒアルロン酸(保水力に優れている成分なので、美肌効果を期待して化粧品などに配合されていることが多いです)といった、皮膚の張りを保つための成分がどんどん減っていく一方となるため、こうしてシワ、たるみは発生していくわけです。
顔のシミをコンシーラーでみえなくしようとしたら、かえって、シミが際立ってしまったこともあるでしょう。

ファンデーションをセレクトする時は、地肌のカラーより明るいカラーを選択する人が多いですが、コンシーラーでシミを隠そうとするなら、自分の肌より明るめの色を選択すればシミがもっと際立ってしまいます。コンシーラーでシミを隠したいなら、肌よりもやや暗めのカラーを選択することが要点です。肌の表面のなめらかさは、表面にある溝(皮溝)と盛り上がった部分(皮丘)の配置で決まります。

なめらかな肌、整った肌では皮膚表面の模様がもの結構小さいですが、乾燥や紫外線などのストレスを多く受けた皮膚は模様が遠目にわかるほど大聞かったり、めちゃくちゃに伸びているはずです。
こういう皮膚は保水性が悪いのです。


表皮バリアが極端に弱まるので、肌の土台そのものが傷んでくるのは避けられません。



真皮がいわゆる「重力に勝てない」状態になってしまうとやがてシワになっていくのです。


ニキビを搾り出すと、そこから膿が出ます。さらにギュッと潰すと中から芯が出てきます。



それがニキビの原因となるものなのですが、潰して中から芯を出すことはあまり御勧めしません。



無理に潰すわけですから、また一段と炎症は広がることとなります。


ニキビの跡が残ることもある為薬をつけて気長に治していきましょう。肌にシワができるのには原因があります。何かというと、肌の乾燥がとにかく大きいそうです。
屋内でエアコンの風にさらされたり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時は特に要注意でしょう。
では、乾燥を防ぐにはどうするかと言う事ですが、とにかくまめな保湿を心がけることが肌のためにとても大切なことです。


例えばスプレータイプの化粧水をもち歩いて、どこでもワンプッシュするようにしたり、運動などで汗をかいたら、その後の保湿を怠らないことです。
ニキビが発生すると潰してしまうことが多いです。

でも、跡が残るから潰すな、というのが常識的な意見です。


早急によくなるには、ニキビ用の薬が最良かと思います。


ニキビ跡にも併せて効果があります。顔を洗って化粧水・乳液で肌を整え、ニキビのところにだけ薬を使用します。お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。


そんなシミのメカニズムを探ってみると、肌の細胞内に生成されたメラニンという色素が皮膚の表面から剥がれ落ちず蓄積されたものをいいます。ターンオーバーを正しく整えると少しはシミを目たたなくすることが可能となりますが、ピーリングによって古い角質を落とせば、さらにその効果が期待できます。

ですが、ピーリングによる過剰なケアは肌に負担をかけてしまうでしょう。

虫刺されの痕をずっと掻いていたり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、それだけで肌は薄くなるそうです。肌の構造をみてみると、一番外側にあって私たちが目にしているのが表皮であり、これはごく薄い層の集まりで、引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。

この表皮が薄くなってしまうと、そのすぐ下にある真皮までダメージを受けることが多くなってしまいます。

真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、このようにしてシワ、たるみは出来てしまいます。


メニュー

Copyright (C) 2014 年齢肌が気になっちゃう! All Rights Reserved.